忍者ブログ

イビツウタ

二次創作リハビリ帳。更新不定期。

2017/10    09≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


船室のひとつ。図書室となっているドアに触れたとたん嫌な予感がした。それを振り払うように一度放したドアノブに手をかける。
そもそも普段の自分ならばこんなところに近寄りはしない(生憎剣のことや島のことを考えるだけで手一杯で本など読む気にもならない)
ただ船長でもあるチハヤに図書室にいる女性に本を渡すように頼まれたためこの船に乗り込んで近寄ることの無かった未開の地に踏み込もうとしているわけで。
意を決してというのも可笑しな話だが兎に角自分にしては珍しく慎重にドアを開ける。と、出来上がった隙間から本や紙束が雪崩のように降り注いだ。
慌てて受け止めるものの、一度勢いをつけた本の塔は崩れ落ち。

「あら、もっと慎重にあけてくださらないと」

穏やかに響くその声はしっかりと自分を責める。座り込んだ視界の端で崩れた本が転がって船の床を走る。
それを拾い上げたらしい数冊の本を抱えてた黒髪の少女は甲高い声を張り上げた。

「あんたこの間あれほど本を増やすなといわれたばかりじゃない!」
「あら、図書室に本が無い方が問題よ。あなたも古書から知を学んで少しはあの方の補佐ができるようになったら?」
「余計なお世話よ!」

頭の上で飛び交う静と動の口喧嘩にこれからどうしたものかと頭を抱えた。

幻水4/アクセルとターニャとアグネス

PR
この記事にコメントする
              
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
カラー
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
非公開 管理人のみ閲覧できます
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
バーコード
ブログ内検索
<< Back  | HOME |   Next >>
Copyright ©  -- イビツウタ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]